いざという時に

避難場所
各種ハザードマップ
緊急時の連絡先
安否確認 災害用伝言ダイヤル
 
防災メールマガジン
Facebook
Twitter
防災無線
こおりやま減災プロジェクト 郡山市 雨雲と河川水位情報 XRAIN XバンドMPレーダー雨量情報 気象庁 福島地方気象台 国土交通省 防災情報提供センター 福島県河川国道事務所

携帯サイト

携帯サイトは右の二次元バーコードもしくは下のURLから

携帯サイト 二次元バーコード
 

http://bousai.koriyama-fukushima.jp/mob/

 
ホーム新着情報一覧お盆中の火災予防

お盆中の火災予防

2018/08/12 発行
 お盆は先祖を供養する大切な行事ですが、仏壇やお墓などで火を使うことが多くなります。
 線香やろうそくの火が供物や供花に燃え移り火災になることがあります。
 「線香やろうそくを点けたまま外出しない」、「線香やろうそくから供物や供花を十分に離す」など、火の取り扱いには十分注意しましょう。

【注意するポイント】
・線香の先端温度は800℃、ろうそくの炎は青く見える部分が300℃。外側部分で1400℃の高温となり、線香やろうそく立てが風に煽られて転倒し、付近の座布団や畳に燃え移り火災に至ることがあります。

《自動翻訳/auto translation》
 Bon Festival is an important event for our ancestors, but we often use fire in Buddhist altars and graves.
 The fire of the incense stick and the candle might burn to the offerings and the habit and become fires. Be careful not to go out with a stick or a candle on, and to handle the fire, such as "release the offerings and habit from incense sticks and candles."

【Points to note】
The tip temperature of the incense stick is 800 ℃, and the Candle flame looks blue ℃ 300.In the outside part, it becomes the high temperature of 1400 ℃, and the incense stick and the candle stand are fueled by the wind and it falls, and the vicinity of the cushion and the mat can lead to fire.

-------------
郡山市総務部防災危機管理課
Koriyama City Disaster Prevention and Emergency Management Division
TEL:024-924-2161
 
 
ページトップへ