いざという時に

避難場所
各種ハザードマップ
緊急時の連絡先
安否確認 災害用伝言ダイヤル
 
防災メールマガジン
Facebook
Twitter
防災無線
こおりやま減災プロジェクト 郡山市 雨雲と河川水位情報 XRAIN XバンドMPレーダー雨量情報 気象庁 福島地方気象台 国土交通省 防災情報提供センター 福島県河川国道事務所

携帯サイト

携帯サイトは右の二次元バーコードもしくは下のURLから

携帯サイト 二次元バーコード
 

http://bousai.koriyama-fukushima.jp/mob/

 
ホーム新着情報一覧暖房器具による火災・事故予防

暖房器具による火災・事故予防

2019/01/11 発行
冬の時期には暖房器具による火災や事故が多発します。
次の点に注意して、火災や事故を防ぎましょう。
・ストーブやヒーターの近くに衣類など可燃物を置かない。
・暖房器具をつけたまま就寝しない。
・給油時には必ず消火し、カートリッジタンクのふたは確実に締める。
・誤給油を防ぐため、灯油とガソリンは専用容器に入れ、別々の場所に保管する。

【過去5年間(2013~2017年度)の暖房器具事故による死傷者数】
(独立行政法人製品評価技術基盤機構調べ)
◆製品別件数(主なもの)
石油ストーブ 137人
電気ストーブ 65人
石油ファンヒーター 54人
湯たんぽ 46人

《自動翻訳/auto translation》
Heating appliances heighten the risk of fire during the winter months.
Stay on alert to the following points to prevent fires.
・Keep items that can catch on fire such as clothes away from heating appliances.
・Be sure your heating appliances are turned off before you go to sleep.
・Make sure to turn off kerosene heater when refueling and close the lid of cartridge tank tightly.
・Stroke kerosene and gasoline separately in specifically-intended containers.

【Number of casualties caused by the following heating appliances in the past five years (FY2013-FY2017)】
Kerosene Stove:137
Electric Stove:137
Kerosene Fan Heaters:54
Hot-water Bag:46

-------------
郡山市総務部防災危機管理課
Koriyama City Disaster Prevention and Emergency Management Division
TEL:024-924-2161
 
 
ページトップへ