福島県郡山市防災ウェブサイト
空気の乾燥による火災に注意

2019/01/23 発行

 この時期は、空気が乾燥して火災が発生しやすい季節です。
 最小湿度が約25%、実効湿度が約60%より低くなり乾燥すると、火災の発生や、また、火災が延焼しやすくなると言われています。
 強風や空気が乾燥している時には、火の取り扱いに十分注意しましょう。

■乾燥時の火災予防のポイント
○火気使用中はその場を離れず、使用後は完全に消火する。
○強風及び空気の乾燥時には、たき火や火入れをしない。
○タバコの投げ捨てをしない。
○枯れ草等のある場所でたき火をしない。

※最小湿度:一日を通して観測する湿度のうち最小の値。
※実効湿度:木材の乾燥具合を表すものとされ、当日の平均湿度と前日の平均湿度を用いて計算される。

《自動翻訳/auto translation》
In dry season, fires frequently occur due to dry air.In the dry condition with its minimum humidity below 25% and effective humidity below approximately 60%, fires can ignite and spread very quickly. Stay on alert to the following tips to prevent fires under the windly and dry weather.

■Safety tips in dry conditions to prevent fires
○Never leave the fire unattended and make sure to extinguish it completely after you are finished using it.
○Never make a bonfire or controlled burn under the windly and dry weather.
○Never throw away cigarettes.
○Never make a bonfire with dry grass or leaves nearby.

※Minimum humidity:minimum percentage of humidity observed throughout the day
※Effective humidity:calculated by the average humidity between of the day and the day before, indicates the degree of dryness of wood

-------------
郡山市総務部防災危機管理課
Koriyama City Disaster Prevention and Emergency Management Division
TEL:024-924-2161

戻る

いざという時に

緊急時の連絡先

安否確認(災害用伝言ダイヤル)


防災メールマガジン

トップページへ戻る

Copyright (C) 2013 Koriyama City.
All Rights Reserved.